教授の娘re)Born🎀

https://creator.pixta.jp/@prof1839358 写真はこちらからご購入頂けます。

【写真が好きで上手いと自負していたから挑戦したくなかっただけなんだ】

最近、フォトストックに挑戦している。

写真は、自他共に認める上手いほうで。

だから、その思い込みを、壊されるのが嫌だったから、コンテストへの応募も、フォトストックへの投稿も、やりたくなかった。

 

以前映画か、CMだか忘れてしまったけれど、

撮影現場のカメラマンに「良いアングルってわかるか?」と聞かれた。その方曰く、良いアングルは、画面の中で写すものがしっくりと収まっている状況。なのだそう。

おそらく、スチールでも、映画でも、カメラマンに携わる人は、人一倍、美術館で絵を見たり、映画を観ているので、そのフレームワークの平均値が、自身の正しいアングル。しっくりくるアングルということなのだと思う。

 

最近、植田正治写真美術館で彼の撮影会した作品を観て驚いた。

私なら絶対削除したくなるアングルの写真が沢山あったから。

彼は館内ビデオで観たところ、自身のパッションを凄く大切にして撮影しているようだった。

 

https://www.amazon.co.jp/本-植田-正治/s?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A植田+正治

他人が観て綺麗な作品をとるのか

自分の撮りたい魂を写真に写すか

 

2つ兼ね備えた作品だったら最高に素敵だろうな。

などと考えつつ、1枚でも写真が世に出ることをまずは考えよう。