教授の娘re)Born🎀

https://creator.pixta.jp/@prof1839358 写真はこちらからご購入頂けます。

【令和専業主婦物語 序章】

昭和のマジョリティであり、

令和のマイノリティの一つに【専業主婦】という存在があります。

平成女子の憧れと言われた【専業主婦】は、令和の時代になり、周りからは【羨望の眼差しで見られている】のかも知れませんが、当の本人は【社会からの欠落者】のように感じている事もあるかと思います。

恥ずかしながら私自身が、後者に該当いたします。

ゆくゆくは、精神的にも経済的にも、【自主自律】をし、【私が大切な夫を幸せにする】事をひそかに心に誓っています。

今でも周りの知人に、【私は夫を幸せにする】と宣言しているのですが、実際には中身を伴って居ないように感じています。

具体的に、どのようにする事が【幸せにする】事か私は思うに、

①ダブルincomeになる事で、仕事へのプレッシャーを和らげたいですし、

②私自身が社会で活躍するという、劣等感の返上で、私自身を許せるようになる事。

こちらの2点を考えました。

逐次、令和の専業主婦が、専業主婦を卒業出来るまでを、ここに記しておきたいと思います。

【令和専業主婦物語】の最終巻は、主人公の【私】が【専業主婦ではなくなる】時です。

 

この物語は【私】が【専業主婦を恥じる】ことから始まります。