教授の娘re)Born🎀

https://creator.pixta.jp/@prof1839358 写真はこちらからご購入頂けます。

【存在が無くなった人との折り合いの付け方】

父が生きていたならば、

きっと、彼の仕事は忙しくあっただろうし、

大人になったわたしが、興味を持つ芸術論について沢山話し合えただろう

父と、今、話したい事が沢山、溜まっているよ。

みんな、どう、折り合いをつけているのだろう。

存在の無いことへ慣れていくには、どうしているのだろう。

誰もが経験する事なのに、

正しい解決策はどこを探しても手薄なんだ。